診断士ゼミナール

 

「診断士ゼミナールが良さそうだから気になってるけど、本当に利用した人からの口コミ評判がわからないから不安…」といった考えをしている人は多いです。

実際に中小企業診断士について調べるとLECや資格の大原といった大手予備校のことばかりでてきて、スタディング診断士ゼミナールのような通信講座の情報はあまりみかけませんよね。

 

ただ、合格している人の中にも通信講座で中小企業診断士に受かっている人はたくさんいます。

金額的に予備校の4~5分の1で利用できるので、資格の勉強を始めやすいという利点がありますが、一方で選び方を間違えるとなかなか合格できないというデメリットがあるのも事実です。

 

この記事では管理人H・Kが診断士ゼミナールを使って勉強した感想もまじえ、口コミや評判と言った実態を調査をしたものをまとめました。。

 

中小企業診断士合格証

 

ちなみに診断士ゼミナールが選ばれている理由のメリットをまとめると↓の通りです。

 

1.中小企業診断士対策の教材で最安
2.わからない部分を無料で何回でもメール教えてもらえる
3.一回購入すると3年間毎年最新の教材が貰える

 

1度の購入で3年間最新テキストが提供されるのは診断士ゼミナールだけ!

診断士ゼミナールを購入する(公式)

※今月末までキャンペーン実施中!

 

診断士ゼミナールのメリットとデメリット

診断士ゼミナールのメリットデメリット

 

診断士ゼミナールの特徴をメリットとデメリットにわけてまとめてみました。

 

診断士ゼミナールのメリット

・中小企業診断士のテキストでは最安
・1度購入すると3年間毎年最新の教材が貰える「3年間受講延長無料制度
無料で何回でも不明点をメール教えてもらえる
・フルカラーテキストでイラストも多くわかりやすい
ダウンロードできる動画講義(他社はストリーミング)
・PDFテキストが含まれている

 

診断士ゼミナールのデメリット

・教育訓練給付金制度の対象に選ばれていない
・スマホアプリがない
・イラストに手作り感を感じる人もいる

 

メリットとデメリットを整理してみると、診断士ゼミナールに魅かれる人も多いのではないのでしょうか?

もちろん、これらは「他社と比較した上で」考えられる内容です。

 

診断士ゼミナールの圧倒的なメリット「3年間受講延長無料制度」です。

受験生なら知っている人も多いと思いますが、診断士試験は制度改定や時事問題がよく出題される試験です。

そのため、科目合格制度を使う(何度か受験する)場合最新のテキストを毎年買うのが基本になります。

 

しかし、毎年テキストを購入するのは金銭的に厳しいですよね。

予備校なら約30万円。通信講座なら5~7万円かかるということですからね。

 

診断士ゼミナールの3年間受講延長無料制度を使えば2年目以降の費用は0円です。

受験生のニーズがわかっている嬉しいサービスですよね。

 

また、中小企業診断士向けテキストで最安値なのにサポート体制しっかりしています。

他の通信講座が診断士ゼミナールにメリットで勝つのは正直難しいですね。

 

なぜなら、診断士ゼミナールを運営している株式会社レボは中小企業診断士講座のみを提供している中小企業診断士講座特化の会社です。

※社長の松永さんも中小企業診断士です

 

厚生労働省が定める教育訓練給付の対象になっていないのは残念ですが、給付金対象のテキストと比べても最安値です。

私も診断士ゼミナールで勉強しましたが、費用のことを気にせず科目合格制度を活用できるのはありがたかったですね。

 

ここからは、他の通信講座と比べた診断士ゼミナールのメリットやデメリットをまとめています。

 

診断士ゼミナールの講座費用を他社と比較

診断士ゼミナールと通勤講座のテキストを徹底比較

 

診断士ゼミナールは1次2次対策コースが49,980円で受講できます。

クレアールやユーキャンなどの通信講座は10万円以上するものが多いので相当安い部類です。

 

しかも、診断士ゼミナールは3万円の合格祝い金制度があります。

つまり試験に合格すれば実質たったの19,980円で受講できるということですね。

 

診断士ゼミナールの講座費用の合計金額

診断士ゼミナールは教育訓練給付金制度に選ばれていないので購入時に補助金は貰えません。

 

また、診断士ゼミナールは基本コースに紙のテキストが入っていないので別途購入する必要があります

オプションで18,500円かかりますが、自分で必要な分だけセルフで印刷することもできます。

 

タブレットを使いPDFのみで合格する人もいるようですが、普段からタブレットを使う習慣がない人は紙のテキストをつけておいた方が良いでしょう。

ちなみに、自分で印刷した人が「後悔した」という声をTwitter上でみかけました。

 

 

また別のオプションに動画講義のDVD(14,900円)がありますが、これはほとんどの人には不要です。

公式サイトからダウンロードできる動画講義と同じ内容なので、パソコンを持っていればオプションをつける必要はないです。

 

基本コース(49,800円)とテキスト印刷(18,500円)をあわせて68,300円になります。

合格祝い金で30,000円のキャッシュバックがあることを考えると38,300円です。

 

たった38,300円で3年間最新の教材を利用できるのが診断士ゼミナールの特徴です。

 

スタディングの診断士講座よりも診断士ゼミナールのほうが安い

通信講座(中小企業診断士のもの)を探すと、診断士ゼミナール以外で名前をみるスタディング(通勤講座)ですね。

※通勤講座=スタディングです

スタディングは中小企業診断士だけでなく司法書士・宅建士・データサイエンティストなどたくさんの教材を販売している通信講座です。

スタディング中小企業診断士の特徴は↓です。

 

スタディングの特徴

・中小企業診断士をだけでなく多くの講座がある
・アプリバージョン(iOSのみ)がある
・2年目以降は少し安く受講できる

 

ただ、基本コースの金額が57,900円診断士ゼミナールより高価です。

スタディングは教育訓練給付金制度の対象コースもあり、どちらがお得なのか判断しにくいですよね。

 

そこで、診断士ゼミナールとスタディングは実質どちらが価格的に良いのか比較してみました。

 

教育訓練給付制度対象コースと比較

まずはスタディングの比較の条件です。

 

・1次2次対策コース57,900円
・教育訓練給付制度の対象(総額の20%補助)
・テキスト印刷オプション9,300円
・合格祝い金制度は10,000円

 

( 57,900円(基本コース)+9,300円(テキスト印刷) ) ÷ 0.8(教育訓練給付) - 10,000円(合格祝い金) = 43,760円

 

次に診断士ゼミナールです。

 

・1次2次対策コース49,800円
・テキスト印刷オプション18,500円
・合格祝い金30,000円

 

49,800円(基本コース)+18,500円(テキスト印刷) - 30,000円(合格祝い金) = 38,300円

 

診断士ゼミナールが38,300円。スタディングが43,760円なので診断士ゼミナールのほうが金額的メリットがあります。

そして、診断士ゼミナールは2年目以降は無料なのに対し、スタディングでは購入費用がかかります。(割引はあります)

 

1度の購入で3年間最新テキストが提供されるのは診断士ゼミナールだけ!

診断士ゼミナールを購入する(公式)

※今月末までキャンペーン実施中!

 

診断士ゼミナールの教材を実際に使ってみた感想!

診断士ゼミナールを実際に使った感想

ここでは診断士ゼミナールで勉強した私が特徴をまとめてみました。

テキスト印刷オプションだけつけて、あとは基本コースに含まれているセットのみで勉強しています。

 

PDFテキストは非常に便利なので、タブレット端末を使いこなしている人は基本コースだけで良いでしょう。

ただ、勉強するときに紙のテキストがあったほうが頭に入りやすいというタイプの人は印刷オプションをつけたほうが無難ですよ。

 

 

全ての教材がフルカラーで読みやすい

診断士ゼミナールのテキストはフルカラー

 

診断士ゼミナールはフルカラーテキストです。

LECや資格の大原などの予備校は2色テキストですし、スタディングは白黒テキストです。

診断士ゼミナールはフルカラーテキストで見やすいとだけで他社より目立ちますね。

 

過去問題集は分厚いがPDFもある

診断士ゼミナールのテキストの厚さ

 

診断士ゼミナールは5年分の過去問が基本セットに含まれています。

ただ、紙のテキストで5年分の過去問を持ち歩くとなると非常に分厚い&重いのでイヤになりますよね。

 

でも安心してください。

診断士ゼミナールはPDFで同じ5年分の過去問を配布しています。

タブレットだったりスマホに入れれば、手軽に持ち運んで勉強できます。

PDFに直接書き込めるツールなどを使えば、財務会計や経済学のように計算する必要がある科目もどこでも解けますよ。

 

講義動画が非常に分かりやすい

 

↑の動画は診断士ゼミナールの財務会計の講義です。

講師が動画に出演して板書しているものと比べて、ポインタや図が実際に動くのでわかりやすいですよね。

 

それに対し↓が大手予備校の講師が板書するタイプの動画講義です。

 

 

人の好みもあるかもしれませんが、私は診断士ゼミナールの動画講義のほうがわかりやすいのではと考えています。

せっかくリアル受講するのではなく、動画配信の勉強するのですから、デジタルデータで動きをつけた講義で視覚的に覚えられる動画講義を使うべきです。

 

また、大手予備校は約30万円かかりますし、約5万円でこのレベルを受けられる診断士ゼミナールのすごさがわかりますね。

 

松永先生の講義がわかりやすい

 

こちらが株式会社レボ代表(社長)の松永先生です。

中小企業診断士を取得している人だからこそ効率的な勉強方法を知っており、そのノウハウを診断士ゼミナールの作成に活かしているみたいですね。

 

社長が診断士試験に熟知している、診断士の教材作成のみに特化した企業が株式会社レボです。

内容もかなり理解しやすいですし、音声も聞きとりやすいので動画が見れない状況でも音声講義を使った復習ができます。

 

講義動画をダウンロードできるのが診断士ゼミナールの強み

診断士ゼミナールの講義はダウンロードできます。

そのため、1度ダウンロードしたら通信費がかかりません

ちなみにスタディング(通勤講座)はストリーミング形式で視聴することになるなので、講義を受講するたびに通信(ギガ)が発生します。

 

つまり、スタディングを使うと月末付近には通信制限で動画を観れないこともあります

 

その点診断士ゼミナールなら通信(ギガ)を気にせず受けられます。

ぶっちゃけ本気で診断士の勉強をするつもりなのに通信(ギガ)を気にしたくないですよね。

勉強期間中はポケットWifiを契約する人もいるみたいですが、毎月さらに費用が発生することを考えるとそれも微妙ですよね…

 

1度の購入で3年間最新テキストが提供されるのは診断士ゼミナールだけ!

診断士ゼミナールを購入する(公式)

※今月末までキャンペーン実施中!

 

受講生へのフォロー制度

通信講座の中には「販売してテキストを送ったらはい終わり」というものも多いです。

その点、診断士ゼミナールはフォロー制度にも力を入れています。

 

ちなみに、スタディングにもフォロー制度はあるのですが有料のチケット制です。

 

質問対応は無制限

診断士ゼミナールはメールで何回でも無料で相談できます

他の通信講座は質問自体が有料だったり、そもそも聞くことすらできません。

 

診断士ゼミナールなら不明点がでたらすぐに教えてもらえます。

診断士試験は範囲が広く効率的に勉強しなきゃいけないので、1部分が理解できなかったとしてもそこで止まらずサクサク次に進まないと勉強範囲が終わらないですよね。

メールなのでどうしてもタイムラグはありますが、ガンガン聞くことができるのは他社より優れているポイントですよね。

 

不合格でも2年間タダで追加受講できる(3年間受講延長無料制度)

「3年間受講延長無料制度」についてです。

これは不合格になっても2年目に再度購入する必要がないのかなりのメリットです。

 

繰り返しになりますが、診断士試験時事問題や制度改正を集中的に出題してくる試験です。

最新のテキストを毎年買わないと、知らない範囲がどんどん増えるので非常に不利です。

 

科目合格制度をフル活用できる

3年間受講無料延長制度があるので、他の通信講座より科目合格制度を使いやすいです。

「科目合格制度=複数年度で合格」ということなので理想は毎年新しいテキストを買う必要があります。

効率的に合格するために科目合格は便利ですが、その分お金もかかります。

 

診断士ゼミナールなら3年間は無料なので、お金を気にしないで科目合格制度を活用できるのでありがたいですよね。

 

参考 中小企業診断士の科目合格を使うなら知らないと絶対に損するポイント

 

難しい中小企業診断士試験にぴったり

中小企業診断士合格期間

 

LECの調査だと中小企業診断士に1年以内の勉強で合格したのはたったの27%です。

自分の能力にかなり自信があって27%側に入る気力がない限り科目合格制度を視野に入れたほうが良いですね。

 

診断士ゼミナールの合格実績

私は仕事が忙しく受験予備校に通学が難しいため、当初から通信教育を想定していました。また資格取得に極力お金をかけたくなかったという理由もありました。
診断士ゼミナールは価格が手ごろで、「3年間受講延長無料制度」があったので、数年かけても取得を目指そうと考えていた私には合うと感じました。
サンプルの動画が分かりやすかったのも決め手です。

私は2016年8月から学習を始め、翌2017年8月の一次試験に合格。10月の二次にもストレートで合格ができました。受験予備校に通わなくても診断士ゼミナールの講座を中心にした学習で合格は可能です。
診断士ゼミナールは、私のような、基礎的な知識がなく動画で分かりやすい解説が必要な人、受験予備校に通う時間が取れず自分のペースで学習したい人、費用を抑えたい人にうってつけの講座です。
私は診断士ゼミナールを選んでよかったと思っています。

 

第3子出産後の育児休暇を利用して受験するつもりであり、受験対策校の通学講座に通う時間はないため、自宅での育児のすきま時間を活用できることと、コスト面で、診断士ゼミナールを選びました。

正直全くなじみのない科目も多かったのですが、「とりあえず1回聞いてみよう」という感じで動画の閲覧を開始しました。特に苦手な科目や難しいトピックについては、繰り返し視聴することで理解が深まりました。
また、メールによる質問対応もタイムリーで、疑問を残すことなく勉強を進めることができました。
最初から最後まで、周りに勉強仲間もいない中での孤独な挑戦でしたが、「参考書はむやみに増やさない(浮気しない)」「とりあえず過去問!!」等の先生の実務的なアドバイスで最後までぶれずに頑張ることができました。

難易度が高く、相応の勉強時間の積み上げが必要な資格ですが(特に一次試験は)地道に努力すれば確実に理解が深まり自分の糧となる試験だと思います。
私はまだ実務にどう生かしていくのか検討中の段階ですが、この資格にチャレンジして目標達成したことで、知識の充実以上に、自分に自信がつき、働きながら、子育てをしながらでも、いろんなことに引き続きチャレンジしていく意欲が高まりました。
覚悟を決めたらやりきって下さい!!

公式 合格者の声

診断士ゼミナールで合格した方の実績はココから確認できます。

公式サイトに顔写真付きで合格者の実績を見ることができます。

 

ただ、公式サイトに載っている情報はステマ・やらせを疑いたくなりますよね。

普段は私も疑うのですが、診断士ゼミナールについてはそれはないハズです。

 

というのも「合格お祝い金3万円」の支払い条件が「合格体験を公式に載せること」だからです。

そういった仕組みがあるので合格した人は自発的に情報を伝えますよね。

 

診断士ゼミナールのちょっと惜しい点

ここまで診断士ゼミナールの良いポイントを中心に紹介しましたが中にはちょっと惜しい点もあります。

デメリットも知った上で検討しましょう。

 

スマホを使った学習システムが少ない

診断士ゼミナールにはスマホアプリがありません。

1問1答のように問題を解けるアプリが絶対に必要な場合は向いていない可能性があります。

ちなみに、スタディングにはアプリ(iOSのみですが)があるので、必要なひとにはおすすめです。

 

教育訓練給付制度が対象外

残念ながら診断士ゼミナールは教育訓練給付制度の対象外です。

対象の講座は国から購入金額の20%補助が受けられます。

安い出費じゃないので対象じゃないのは残念ですね。

 

ただ、診断士ゼミナールは一次二次対象コースが49,800円合格お祝い金が30,000円あります。

合格すれば実質19,980円です。

教育訓練給付制度に選ばれていなくても間違いなく最安値です。

 

診断士ゼミナールのコース一覧

<1次2次プレミアムコース> 49,800円
+テキスト印刷製本 18,500円
+講義DVD 14,900円
+入門道場(キャンペーン中) 0円
<1次試験コース> 42,000円
+テキスト印刷製本 16,500円
+講義DVD 12,900円
+入門道場(キャンペーン中) 0円
<2次試験コース> 19,800円
+テキスト印刷製本 6,000円
+講義DVD 5,500円

 

診断士ゼミナールのコースは1から合格まで使える「1次2次プレミアムコース」が基本コースです。

その他に2次試験を受けない人(養成課程利用者)用に「1次試験コース」。

1次試験はすでに合格しており2次対策だけで良い人用に「2次試験コース」があります。

 

そしてオプションでテキスト印刷講義DVDがあります。

ただ、基本コースにPDFが含まれているで、タブレットを使いこなす人にはどちらも不要でしょう。

 

 

ただ、私のように紙のテキストがあったほうが頭に入りやすいと感じる人はテキスト印刷製本はつけておきましょう。

 

正直、私は新しい機器(タブレットなど)にあまり慣れていない側なのでどうしても紙のテキストのほうが覚えやすいと感じています

通勤時間は動画講義とPDFテキストをスマホを使って勉強し、自宅では紙のテキストで勉強していました。

私と同じタイプはテキスト印刷製本オプションはつけておいたほうが無難です。

 

ただ、DVDについてはほぼ不要だと思います。

パソコンでダウンロードできるのでDVDがなくても再生可能です。

パソコンがなく、DVDプレイヤーしかないという場合のみオプションをつけましょう。

 

診断士ゼミナールの評判・口コミ

診断士ゼミナールを実際に使った人の口コミや評判を集めてみました。

 

診断士ゼミナールの口コミはかなり高評価!

 

 

2ch(現5ch)でのリアルな意見

604 名無し検定1級さん
>>602
2019年の合格目指してレボで勉強始めた。
まだ、企業経営が全部終わったくらいだけど、補強のためのサブ資格は不要かなって思う。1年目なら、なおさら余計な資格に手を出さないで、診断士の勉強に集中したほうがよいと感じた。

 

608 名無し検定1級さん
みなさんの書き込み見てるとレボが良さそうですね。通勤講座を勧められてたけどレボ見てみます。

 

570 名無し検定1級さん
レボのゼミナールかTBCのYouTube考えてるけど、移動中にスマホで見るならどっちがおすすめですか?
571 名無し検定1級さん
>>570
スマホに落とすことがあらかじめ想定されてる点と、万が一イヤホン無しでも、動画見ながら解説読めること考えるとレボですかね。

※レボ=診断士ゼミナールの旧名

2ch(現5ch)だと診断士ゼミナールの評価は高めです。(2chではいまだに旧名のレボと呼ばれている)

匿名の掲示板なので厳しいことが書き込まれがちですが、3年無料延長という素敵な制度があるおかげかあまり叩かれることはないみたいです。

 

診断士ゼミナールの通信講座まとめ

診断士ゼミナールのメリットデメリット

 

診断士ゼミナールのまとめ

・他社より圧倒的に安い価格
・3年間受講無料延長制度という神制度は診断士ゼミナールだけ!
・PDFテキストがあるので持ち運びも楽々

 

ただでさえ他社より安いのに、3年間受講無料延長制度という魅力的な制度まであるので、新しく中小企業診断士の勉強を始める人には絶対おすすめです。

安かろう悪かろうじゃないということは合格実績からも読み取れます。

効率的に中小企業診断士に合格したいなら診断士ゼミナールを選んでおけば間違いありませんよ。

 

1度の購入で3年間最新テキストが提供されるのは診断士ゼミナールだけ!

診断士ゼミナールを購入する(公式)

※今月末までキャンペーン実施中!

 

更新日:

Copyright© 診断士ゼミナール評判・口コミ調査 , 2020 All Rights Reserved.